移転のお祝いの注意点

本社、事務所、店舗の移転の通知を受けたときには、そのあとすぐにお祝いを贈るのは良くありません。とくに問題ない場合もありますが、お祝いを贈ることがふさわしくないケースがあるためです。

たとえば、移転の理由が事業拡大のような前向きな理由であればお祝いしたほうが良いのですが、業績悪化による事業の縮小のような後ろ向きな理由での移転の場合には、移転祝いを贈るのは避けたほうがいいです。また、相手が移転の通知は出していても、贈答品の受け取りを辞退していることがあります。このような場合にお祝いを贈るのはかえって相手に迷惑がかかることになるため、移転祝いは避けるのが賢明です。そのほか、自社の移転時にお祝いを受け取っていない相手先の移転時に関しては、今後も良好な関係を継続していきたいと思うのであれば、本意ではないとしてもお祝いを贈っておくのが無難といえるでしょう。

次に、移転のお祝いとしてはふさわしくない品があります。たとえば、火事や赤字をイメージさせるものは縁起が良くありません。ライター、灰皿、マッチ、暖房器具、赤色の花などが該当します。また、花に関しては色だけでなく不吉な意味がこもっている花言葉に注意が必要です。

上記の点に注意しておけば、移転のお祝いで大きな失敗をしてしまうことは避けることが可能です。あとは何を贈るか、どのようにして贈るかですが、ここで解説していますので、気になるという方はぜひご覧になってください。